• アクセス
  • 360度パノラマ
  • 全館マップ
  • Q & A
  • 歴史
  • ご予約
  • 資料請求
  • お問い合わせ
Q & A

Q & A

Q & A

「御花」とは建物の名前の事ですか? 元々は何の施設だったのでしょうか?
元文三年(1738)、柳川藩五代藩主、立花貞俶(さだよし)は、政務の疲れを癒し、家族と和やかな時を過ごすための場所として、この地に別邸を設けました。当時、この辺りは「御花畠」といわれていたことから、柳川の人々は親しみを込めて「御花」と呼ぶようになりました。建物の名前ではなく、敷地や全体を称して「御花」といいます。
明治時代になると立花伯爵家の邸宅となり14代寛治(ともはる)は明治42年から43年にかけて迎賓館としての西洋館とそれにつづく和館の大広間という形の邸宅を作りました。その西洋館や大広間の建物が現在も残っています。

御花で有名なお庭の事について教えてください。
大広間に面する庭園は松濤園(しょうとうえん)といわれ、池庭に大小の中島や岩島を配置して大海を象徴し、1500個の庭石と280本の松から成り立つ華麗な明治日本庭園です。冬の間には野鴨が飛来し、情緒ある光景を楽しむことができます。昭和53年に国の名称に指定されましたが、平成23年には指定範囲が広がり、松濤園を含む御花の敷地全体が「国指定名勝 立花氏庭園」として国の文化財指定を受けました。

柳川のおいしいもの、お勧めのお土産を教えてください。
うなぎのセイロ蒸しをはじめ、有明海の珍味もここでしか味わえませんので、ぜひお召上がりください。お土産としては、白のサラシ餡を牛皮で包み込んだ「越山餅」、タイラギ貝の貝柱や海茸の水管の部分を使用した「粕漬」、「有明海の海苔」などが有名です。これらは全て売店・お花小路にて販売しております。また、御花オリジナル商品についてはオンラインショップでも販売しております。特に立花家農場「橘香園」で栽培された温州みかんを搾った「蜜柑搾り 減農薬みかんジュース100%」は一番人気の商品です。

御花でのウエディングや花嫁船の結婚式にあこがれています。
柳川では新郎・新婦様が挙式会場から披露宴会場までにどんこ舟に乗る風習があります。この昔ながらの掘割を使った花嫁船のお嫁入りは、柳川でしか見られない風景です。また、文化財(国指定名勝)で行われるウエディングは日本全国でもあまり例がありません。詳しくは御花ウエディング情報をご覧ください。