Search:

御花で過ごすクリスマス ~クリスマス限定ご宿泊プラン~

2019/11/8

柳川藩主立花邸 御花 では、「藩主のクリスマス」と題し、他では味わうことのできない

「クリスマス限定 ご宿泊プラン」をご準備しております。(実施日:2019年12月1日~25日)

 

 

 

 

 

 

 

料亭として代々営業してきた御花の会席料理人が表現する「クリスマス料理」と、

柳川の人気スイーツ店 ル・ロン・ポワン とコラボした「クリスマス特製 お重ケーキ」、

そして御花が誇るおもてなしのこころでスタッフが手作りした「和のクリスマスツリー」で、

特別な1日を演出します。

 

まばゆいイルミネーションや、豪華なクリスマスツリーはありません。

クリスマスを楽しむ人々の賑わいや、クリスマスソングが流れる都会の喧騒もありません。

 

闇夜に照らし出される国指定名勝の「松濤園」、そして築100年以上の建物が生み出す陰翳礼讃。

圧倒的な日本建築の美しさ。聞こえるのは、風に揺れる木々の音と虫の声。

都会では味わうことの出来ない、洗練された和の空間で、いつもと違ったクリスマスを過ごしてみませんか?

 

  • 価格:おひとり様1泊2食付き ¥24,700~¥38,100(税サ込)
  • 実施日:2019年12月1日~12月25日(※販売中)
  • クリスマスプラン特典:
  • 1.ご夕時にハーフスパークリングワイン1組1本プレゼント
  • 2.ご夕食後にクリスマス特製 お重ケーキが付きます

☆★クリスマスディナー

<お品書き例>

■前菜盛り合わせ

サンタカプレーゼ・パルマ生ハム、フルーツ・サーモン淡雪

キンカン甘露煮・あん肝と野菜のミルフィーユ、ジュレがけ

■マグロのタルタル ソイジンジャーヴィネグレット

■雲子のフリット 大根摺流し

■金目鯛の西京焼き フォアグラのソテー添え 赤酒ソース

■サンタさんからの贈り物(海鮮ちり蒸し)

■褐毛和牛ロースのグリル ルッコラソース

■鰻の蒸篭蒸し、吸物、香の物

■マチェドニア 白ワインジュレ

  • 「クリスマス限定ご宿泊プラン~藩主のクリスマス~」サイト↓

http://www7.489ban.net/v4/client/plan/detail/customer/ohana/plan/160898

▲ページの先頭へ

【浴衣で街歩きプラン】モニター募集します!

2019/9/12

かつて城下町として栄えた柳川の街中には、今も変わらぬ風情ある掘割や町並みが残され、たくさんのどんこ舟が行きかっています。そして、300年の歴史を誇り、国指定名勝の庭園や築100年を超える建築物を複数もつ柳川藩主立花邸「御花」。そんな歴史的価値のある御花や柳川の街中を、素敵なゆかた姿でお散歩してみませんか?

 

実施日: 2日前までの予約制

2019年9月23日(祝月)、28日(土)、29日(日)

2019年10月12日(土)、19日(土)、20日(日)、26日(土)、27日(日)

時間: 10:00 ~ 17:00(※最終受付15:00まで)

対象: 女性 ※身長140cm~

応募条件

  1. 2名様1組でお申し込みいただける方
  2. 2名様のうち1名様は、外国籍である、または外国語が堪能な方                     (※モニター体験後、外国語でSNSにて情報を発信していただける方)
  3. 国籍に関わらず、SNSにて情報を発信していただける方
  4. アンケートのご記入に、ご協力いただける方
  5. モニター体験時に撮影した写真を、御花のSNS等で使用することを許可いただける方

費用:無料(ゆかた/帯/下駄レンタル料・着付け料が含まれます)

尚、交通費(上限:福岡~柳川間の公共交通機関利用時に相当する料金まで)は、弊社にて負担いたします。

特典①

国指定名勝の松濤園を眺める大広間や、築100年以上の西洋館を、無料でご見学いただけます。(※通常、大人おひとり様700円)

特典②

松濤園や西洋館を背景に、素敵なゆかた姿の記念写真を1枚プレゼント!

お申込み・お問い合わせ先

℡:0944-73-2189(フロント:田中/原田) mail:info@ohana.co.jp

※希望日時・お名前・ご年齢・国籍・お電話番号・来館方法をお伝えください。

柳川藩主立花邸 御花

▲ページの先頭へ

もももんぺVol.2 御花×うなぎの寝床

2019/7/19

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お待たせしました!
延期となっていましたもももんぺVol.2ですが、日程決まりましたのでお知らせします。

 

前回のもももんぺでは、「改修工事が終わりお披露目された大広間の活用」と「地方での仕事のあり方」を考えました。
(前回のもももんぺの様子はこちらを参照ください。http://www.ohana.co.jp/blog/?p=5182
Vol.2の今回のテーマは「伝統工芸でもある久留米絣」×「柳川の川のあり方」。柳川ならではのお堀の活用と川の環境について、そして伝統工芸について考える機会になればと考えています。

 

以下イベント詳細です。

 

1.大広間のMONPE展示@御花の大広間
日程 8/29(木)~9/4(水)
時間 9時~18時

前回のイベントでも好評でした!もんぺの着心地を体感してください^^

 

2.MONPE de SUP
日程 8/30(金)、8/31(土) 計4回
時間 8/30(金)①17時~19時30分
8/31(土)②9時~10時30分③11時~12時30分④13時30分~15時
費用 ①夜のSAP(2時間半程度) 7,500円
②~④日中ショートコース(1時間半程度) 5,000円
※保険料として500円別途かかります
定員 各回10名
講師 たいようアウトドアー!古川陽進さん
Reborn 溝口隼平さん
申込 event@ohana.co.jp 担当:御花 小栁・北原

初心者でも大丈夫!普段と違う目線で柳川の良さを再発見しましょう!

 

3.こどもMONPEワークショップ
日程 9/2(月)、9/3(火)
時間 12時~16時
費用 7,500円(1着分生地材料込・ドリンク付)
定員 各回3~4名
講師 hajimeru 徳永江里子さん
申込 event@ohana.co.jp 担当:御花 小栁・北原

世界で一つだけのオリジナルもんぺを作ってみませんか?

 

4.出張カルチベートトーク
「柳川キャナル(お堀)未来の使い方サミット」@御花の西洋館
トークゲスト:佐賀クリークネット代表 川崎康広さん
Reborn代表リバーガイド 溝口隼平さん
日程 8/31(土) 18時30分~20時30分(18時受付開始)
費用 1,000円(懇親会費+2,000円)
定員 50名
申込 u-info@unagino-nedoko.net 担当:うなぎの寝床 渡邊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

難しく考えるのではなく、とりあえずもんぺを履いて柳川のお堀を遊び倒しましょう!!

▲ページの先頭へ

精霊流し

2019/7/16

昨日東庭園の御池で、たくさんの方に見守られながら精霊流しを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗に飾り付けされたお舟、たくさんのご先祖様を乗せて御池の中央へと向かいます。

 

志岐さんにより火が放たれ、舟はあっという間に燃えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

煙と一緒に立花家のご先祖様も無事あちらの世界にお帰りになったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご見学にお越し頂いた皆様、ありがとうございました。

▲ページの先頭へ

立花家の精霊流し~御迎え火~

2019/7/13

こんにちは。

いよいよ迫ってきた立花家のお盆。
精霊舟も完成し、現在売店横で静かに出番をまっています。

写真の場所は御花敷地内の船着き場。
毎年こちらで立花家のご先祖様を御迎えします。

準備をする志岐さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
この火を頼りに立花家のご先祖様がぞろぞろと戻ってきます。

(舟が渋滞しているんじゃないだろうか…あちらでも忙しくて帰ってこられない方もいるんじゃなかろうか…やはり立花宗茂が一番に到着?…などと密かに妄想をする私)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御迎えをした後、会長と社長でご先祖様をおんぶして立花家の仏間へとお連れします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も無事御迎えができました。

立花家のご先祖様、15日までゆっくりと過ごされてくださいね。

精霊流しは7月15日(月)に行います。

お近くの方は是非お越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲ページの先頭へ

立花家の精霊流し~その④~

2019/7/5

7月15日に使用する立花家の精霊舟、ほぼ完成しております。

今回ご紹介するのは、精霊舟に乗せるお供え物を載せる台。

そう、何もかも100%志岐さんの手作りなのです。

お供え物は、ナスやらなんやらです。
数年前の写真を見ていると、おいしそうな菓子パンが乗っていました。
和洋折衷!

まずは重しを使って藁を交互に縛っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縛りすぎてもダメ、緩くてもダメ。
匠の技で素早く仕上げていきます。ある程度の長さになったら、重しを外し、紐で縛ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして不揃いの両端を綺麗に整えます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これでお供え物を乗せる台が完了!

あとは舟にのせ、舟に飾り付けをして出番を待つだけです!

 

▲ページの先頭へ

立花家の精霊流し~その③~

2019/7/3

こんにちは。

立花家の精霊流しの舟作成、前回は竹で舟の骨組みを作る所まででした。

さあ、ここから一気に舟っぽくなっていきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

舟の周りに藁を挟み込むような感じで少しづつ作業を進めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

志岐さんの巧みな技で1ミリのずれもなく藁が挟み込まれていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の部分もしっかり整えて立派な舟に!!

と、今回は骨組みに藁を付ける作業まで!!

完成も近づいてきました^^

~次回に続く~

▲ページの先頭へ

精霊流しの準備~その②~

2019/6/24

数日前にお話した立花家の精霊流し。
舟の作成が進んでいたのでアップします。
さすが志岐さん仕事がお早い!

 

その①床に印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは床にこのような白い目印をつけ、釘を打っていきます。印に沿って舟の骨組みを作成するため、大事な作業です。

 

 

その②印に沿って骨組みを作成

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
先ほどつけた印に沿って舟の型を作ります。

 

 

その③④これを組み合わせると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃーん!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立派な舟の形になりました^^

これで土台は完成です。

ここから前回の藁が登場します!

~次回に続く~

▲ページの先頭へ

精霊流しの準備

2019/6/18

今日は久々に雨が降った柳川です。

果たしてこのまま梅雨に入るのかどうか気になるところです。

 

 

 

話は変わり、蛸人形やソテツの散髪をしてくれている志岐さん。

 

この時期になると毎回作成する、ある物があります。

それは、7月15日の立花家のお盆で使用する精霊流しです。

精霊流しについては以前の御花ブログをご覧ください。
http://www.ohana.co.jp/blog/?p=4525

あの精霊流し、全て志岐さんのハンドメイドなんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは藁をすいて均等にします。

さすが志岐さん、慣れた手つきでどんどん藁をすいていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはは藁すき前(右側)と藁すき後(左側)。

スッキリ綺麗に整いました!

ちょっとずつ作業を行い、7月15日の立花家のお盆、精霊流しで使用します。

 

完成したらまたお知らせします^^

 

 

▲ページの先頭へ

マジックアワー

2019/6/4

こんにちは。

 

あと数日で梅雨入りをするというニュースを見ました。

早いですね、そうこうするうちに夏がやってきますね☀

 

 
さて、写真はいつかの西洋館です。

昼間の西洋館は目にされた方も多いと思いますが、
夕方~夜にかけてのライトアップされた西洋館もまた素敵です!

夜の柳川を散策する際は是非ご覧ください^^

 

 

 

▲ページの先頭へ