ブログ

ブログ|柳川御花 和の結婚式|神社挙式のできる福岡の結婚式場

御花オリジナルの白無垢

2019/06/22

皆様こんにちは。

さて今日は「白無垢」についてご紹介をさせていただきます。

白無垢は、室町時代から着られるようになった、最も格の高い婚礼衣装です。

「綿帽子」をかぶり、「嫁ぎ先の色に染まる」という意味の込められた真っ白な衣装に身を包みます。

 

御花のパートナーである、タカミブライダル様には

御花オリジナルの白無垢がございます。

こちらが、藤色こぶきの白無垢。

柄には、柳川の川くだりをモチーフに、流水の柄があしらわれております。

流水は、ずっと流れつづけることから、「絶え間ない幸せ」をあらわしております。

また、柳川に咲く藤の花や、婚礼を祝う御所車などが華やかに描かれております。

 

首元はシンプルですが、

よく見て頂くと

柳川藩主、立花家の家紋が胸元に描かれております。

 

 

そしてもう1点ご紹介させていただきます。

こちらの白無垢、柄には松が描かれておりますが

これは文化財に指定をされている御花のお庭、松濤園の松を

イメージして描かれております。

松は樹齢も200年から450年程と長いので、長寿の象徴とされてきました。

 

 

この二つの白無垢は、御花オリジナルの衣装ですので

御花で結婚式を挙げられる方のみ着て頂ける衣装でございます。

 

 

多くの新婦様にお召しになっていただけますことを

御花のスタッフ一同楽しみにしております♡