ブログ

ブログ|柳川御花 和の結婚式|神社挙式のできる福岡の結婚式場

指輪の交換

2019/09/06

皆様、こんにちは。

いつも御花のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

最近は朝晩が涼しくなり、少しずつ秋を感じる季節になってまいりましたね。

 

さて本日は結婚式には欠かせない指輪の交換についてご紹介させて頂きます。

 

御花での挙式スタイルで1番多いのが『神前式』でございますが

『神前式』にも、もちろん指輪の交換がございます。

 

結婚式の時に新郎新婦様が指輪を交換するのは、

夫婦として歩んで行く誓いを形に表すこと(*^-^*)

丸い指輪は「永遠に途切れることのない愛情」を象徴するものとされており、

夫婦の絆を深め、愛が続くようにと祈りが込められています。

 

そしてその指輪はお互いの左手の薬指に。

左手は右手よりも心臓に近く、中でもとりわけ薬指が心臓につながっていると考えられてきました。

そのため、左手薬指に指輪をはめることによって相手の心をつかんで、
結婚の誓いをより強固なものにするという意味があったと言われています。

 

今では定番となっている指輪の交換ですが、その意味もしっかり知って
結婚式当日は一つ一つのシーンを大切にしていただきたいです♡

 

挙式にはこの他様々な儀式がございますが

それぞれに意味が込められております。

皆様もぜひ想いをこめてゆっくりとかみしめて行ってください。